Rhyolite, Nevada(ライオライト)

アメリカ西部にはゴールドラッシュ時代に鉱山の町として栄え、今は廃墟となったゴーストタウンが沢山あります。その中でもここ Rhyolite(ライオライト)はいかにも廃墟らしい写真が撮れるゴーストタウンのひとつ。

デスバレー国立公園 のすぐ東側、ネバダ州 Beatty という町から約4マイルの所にあります。

1904年にできたこの町は多い時で人口1万人近く、100を越える建物があったそうですが、1907年のアメリカ金融恐慌を境に急激に衰退してしまったとのこと。今では数個の建物が残るのみです。

この建物は Cook Bank という銀行でした。壁が崩れて傾き、今にも倒れそう。夕日に照らされてできた長い影が寂しさを感じさせます。

Cook bank building in late afternoon, Rhyolite

Cook bank building in late afternoon, Rhyolite, Nevada

この建物は唯一木製、雑貨店だったようです。

Old Mercantile at Rhyolite Ghost Town, Nevada.

Old Mercantile at Rhyolite Ghost Town, Nevada

その夜は近くのモーテルに泊まったので、次の日の朝も来てみました。

前日の夕方に来た時は逆光でしたが、朝は建物の正面に光が当たるので撮影に向いています。

Old Bank Building, Rhyolite Ghost Town, Nevada.

Old Bank Building, Rhyolite Ghost Town, Nevada

崩れた壁と窓、深いブルーの空に妙にマッチしている。

Old Bank Building, Rhyolite Ghost Town, Nevada.

Old Bank Building, Rhyolite Ghost Town, Nevada

これは前回(2009年)に来た時の写真。廃墟にはやっぱりドラマチックな空が似合う。

Cook bank building, Rhyolite Ghost Town, Nevada

Cook bank building, Rhyolite Ghost Town, Nevada

Rhyolite はアクセスがしやすいのに商業化があまりされてなのが良いです。

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links
Sponsored Links