Coal Mine Canyon 2019(コールマインキャニオン)

この日の締めくくりは、Coal Mine Canyon(コールマインキャニオン)で過ごすことにしました。

もう15年くらい前に初めて州道 264を走った時、このカラフルなキャニオンが遠くから見えて、その不思議な岩の景色に衝撃を受けてしまった私。すごく気になったので Tuba City のお店に入って尋ねたら、それはコールマインキャニオンという場所で、そこに行くにはハイクリアランス車が必要だよと言われたのです。

セダンを運転していた私はダートロードを運転する勇気がなく、その時は泣く泣く諦めたのですが… その時からかな、次に車を買う時は絶対にオフロード仕様にしようって決めたのは。

 

Coal Mine Canyon near Tuba City, AZ

 

その後何度かこの場所を訪れることができて、今回で3回目。

再びこの大地に降り立ち崖っぷちで風に吹かれていると、またふっとそんなことを思い出してしまいました。

 

Coal Mine Canyon at Sunset, AZ

 

ここは Tuba City から車で20分もかからないので、朝焼けや夕焼けを見るには便利な場所。

太陽が完全に沈むのを待ってから、撮影に入りました。

 

Coal Mine Canyon at Sunset, AZ

 

今まで沢山のカラフルな岩柱を見てきましたが、ここは独特の美しさがあるのです。

 

Coal Mine Canyon at Sunset, AZ

 

日が落ちると気温もだいぶ下がり、生ぬるい風もなんだか気持ちいい。

明日はもうカリフォルニアに帰る日。アリゾナでの最後の夜が名残惜しくて、暗くなるまでこの場にいた私達でした。

 

 

 

行き方

AZ-264を約15マイル南下し、左側に出てくる未舗装道路に入ります(Mile Marker  336 と 337の間)。この道を進み、風車とウォータータンクを過ぎるとパーキングエリアがあります。現在、ここまでのダートロードは比較的良い状態なので、特にハイクリアランス車でなくても大丈夫そう。

 

エリア情報

ナバホ居住区内の奥地をハイキング、キャンプなどする場合は、パーミットを取得するのがルールとなっています。私たちは前日のうちに、Cameron という町にある Little Colorado River Tribal Park のオフィスで取得しておきました(2019年8月時点、ひとり1日12ドル)。

ビューポイントはナバホ居住区内ですが、キャニオンを下ってハイキングをする場合はホピ居住区内に入るので、ホピのガイドと一緒に行く必要があるそうです。

 

 

Coal Mine Canyon(コールマインキャニオン)
ホピ・インディアンの居住区を横切るアリゾナ州道 264沿い Tuba City 付近を走っていると、遠くに白と赤のカラフルな岩が目に飛び込んできます。 そこはナバホとホピ・インディアン居住区の境目付近にある Coal Mine Can...

 

 

 

 

Leave a Comment