Smart Wool Hiking Socks(スマートウール・ハイキングソックス)

お勧めのハイキング・登山用靴下。一度試しに履いてみたところ、あまりに快適なのでもうこればっかり履いてます。

履いた瞬間かから足を包みこむような心地良さ。フィット感があって長時間歩いてもずれない、クッション性も抜群で疲れにくいのです。メリノウール約70パーセント入りで保温性があるし、通気性もあるので足をドライに保ってくれます。

ニュージーランドのメリノウールを使っているそうですが、メリノウールの特徴として、他のどんな繊維よりも通気性があり湿気や水分の調節に優れているとのこと。なので匂いの元となるバクテリアも発生しにくいそうです。

4243-sharpened-version

Smart Wool Hiking Socks

いつの間にかこんなに集まってました。

多分持っている中で一番分厚いのが、この Smartwool PhD Outdoor Heavy Crew Socks。つま先やかかとだけでなく全体にサポーターがついたよう。それでいて締め付け感はありません。とっても暖かいので冬山でもこれ一足で行けます。

43066-sharpened-version

Smart Wool PhD Outdoor Heavy Crew Socks

私にとっては一番出番が多いアイテムが、こちら Smart Wool Hike Ultra Light Crew Socks。 これは主に春~秋用ですが、雪山登山以外だったら一年中履けると思います。生地は薄すぎず、つま先とかかとはしっかりクッションがあってサポートされてます。真夏でも足をクール&ドライに保ってくれるのでとっても快適。

4266-sharpened-version

Smart Wool Hike Ultra Light Crew Socks

足後部にくるこの模様も可愛いです。

スマートウールの靴下、あえて欠点を上げるとしたらウールで分厚いので速乾性があまり無いことでしょうか。また乾燥機にいれると多少縮みます。←でもこれあたりまえですね、ウールだもん…。

これらはみんな3~5年は履いてますが、穴が開いたことは一度もありません。ただ、毛玉はつきます。でもこれも乾燥機に入れてるからかもしれませんが…。

今回初めてオフィシャルサイトでスマートウールソックスの取り扱い方を見てみました

  1. Turn socks inside-out. 靴下を裏返して。
  2. Machine wash on gentle cycle in warm or cool water. 洗濯機の手洗い/デリケートモード、ぬるま湯か水洗い。
  3. Use mild soap; no bleach or fabric softener. マイルドな洗剤を使う、ブリーチや柔軟剤は使わない。
  4. Tumble dry on low setting. 乾燥機は低温のセッティングで。

私はめんどくさがり屋なので、お湯でガンガン洗い、高温で乾燥機に入れてました。だから多少の縮みと毛玉が出来てたのですね。これからはキチンと洗わなくては…。

アメリカでは一足20ドル前後で靴下としてはちょっぴり高めですが、価値は十分にあり。登山や砂漠のハイキングで実証済みです。

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links
Sponsored Links