Goblin Valley State Park(ゴブリンバレー州立公園)

マッシュルームのような形の岩が見渡す限りに生えた風景。これがユタ州にある Goblin Valley State Park(ゴブリンバレー州立公園)。

Goblin というのは伝説の中に出てくる小悪魔のこと。ひとつひとつの岩はとてもユニークでじっと見ていると本当に悪魔のように見えてきます。

どうしてこんな形になったかというと、この岩は様々な硬さのサンドストーンの層で出来ており、下部の柔らかい層が上部の硬い層より早く侵食したからなんだそうです。

何千というHoodoo(岩柱)がニョキニョキと連なっている光景はとっても奇妙で、まるで違う星に来てしまったかのよう。

5859-sharpened-version

Photographer at Goblin Valley State Park, Utah

岩の大きさは様々ですが、こんな巨大なのもあります。

5882-sharpened-version

Goblin Valley State Park, Utah

どの岩もユニークな形で見ていて飽きません。

5890-sharpened-version

Hoodoos in backlit, Goblin Valley State Park, UT

逆光でシルエットを撮ってみました。

Goblin Valley State Park at Sunset, UT

Goblin Valley State Park at Sunset, Utah

夕暮れ時の岩の色がやはり1番美しい。

5911-sharpened-version

Goblin Valley State Park at Sunset, Utah

まさにゴブリンのような形の岩。夜ここにひとりでいたら怖いかも…。

行き方

ユタ州 Hanksville(ハンクスビル)という町から約40分のドライブ。UT-24を約20マイル北上、Temple Mountain Rd を左折、サインに従って約12マイル進むと公園のエントランスです。

Goblin Valley State Park 2015(美しい夕日のゴブリンバレー)
ユタ州 Goblin Valley State Park (ゴブリンバレー州立公園)に行くのはこれで2回目。最初に行ったのは 2011年だっ...

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links
Sponsored Links