Cathedral Valley, Capitol Reef National Park(カテドラルバレー、キャピトルリーフ国立公園)

ユタ州にある Capitol Reef National Park (キャピトルリーフ国立公園)の1番の見所とも言われているのが、Cathedral Valley(カテドラル・バレー)にある Temple of the Sun and Moon(テンプル・オブ・ザ・サン・アンド・ムーン)と呼ばれる岩。Monolith(モノリス)という巨大な一枚岩で、大聖堂のような形をしていることからこの名前がついたそうです。

この岩は全60マイルのループ状になったダートロードの途中にあります。通常はUT-24沿いの Hartnet Road という道からループに入るのですが、ここからだと Fremont River という浅い川を車で渡らなくてはいけないのです。

川岸まで行ってみたものの、結構水が深くて私の車で渡るのは無理そう。川を渡るのは辞め、その代わりにループの反対側からこの岩にアクセスすることにしました。

通常、川の深さは30cmくらいだそうですが、季節や天候で変わるのでビジターセンターでチェックすると良いです。

私たちは夕日と朝日を撮るのが目的だったので、岩までの道のりを2回往復しました。全68マイルの道のりをこなし、ダートの運転が少し上達したように感じたのは気のせいかな…。

Temple of the Sun and Moon, Cathedral Valley, Capitol Reef National Park, UT.

Temple of the Sun and Moon, Cathedral Valley, Capitol Reef National Park, UT.

左が Temple of the Sun、右が Temple of the Moon。シンと静まり返った荒野にそびえ立つ岩を見上げていると、まるで別世界に来てしまったよう。

5580-sharpened-version

Temple of the Sun & Moon at Sunset

夕方は岩のサイドに日があたり、刻々と影の部分が広がっていきます。

5651-sharpened-version

Temple of the Sun & Moon at Sunrise

翌日の早朝同じ場所に戻ってきました。朝日が昇るとオレンジの光が岩の上部から徐々に当たり始めます。息を呑むような美しさ。

5709-sharpened-version

Temple of the Sun & Moon at Sunrise

太陽が登るにつれ、日が当たる部分がどんどん大きくなる。静かで爽やかな朝の空気が広がります。

5719-sharpened-version

Temple of the Sun and Moon in Morning Light

少し離れた高台から撮影。見る場所によって岩の形も印象も大きく変わります。

道があまり良くないのでここを訪れる人は少なく、2日間とも全く誰にも会いませんでした。でもそれがこの空と大地を独占しているような、贅沢な気分にさせてくれます。

運転は少し大変ですが、その何倍もの価値がある素晴らしい風景です。

行き方

Fremont River を車で渡らなくてすむ、ループの反対側からのアクセス。UT-24沿い、Caineville という町のすぐ西側にある Cainville Wash Rd というダートロードを左折。この道は後にCathedral Road に名前が変わります。岩までは約17マイルの道のり。砂地やデコボコがあるのでハイクリアランス車は必須です。

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links
Sponsored Links